読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百合に寄り添う蓮華の作法

百合と妹って、黒鮪と松坂牛みたいじゃない?

【TOP】

 

 

 

ブログを移設したかったのでしてみた

 

ポケモンの使ってたパーティを晒していくんでよろしくです

 

結果が悪かったら更新しない可能性もあるがそうならないよう頑張りたいところ

 

シーズン終わる毎なんで2ヶ月に1回くらいかと

 

 

 

 

 

 

 以下、今後の記事 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

 

 

🌿ちゃんは語りたい

紗霧ちゃん可愛いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

 

 

 

f:id:pentasan3:20170421234613j:image

 

f:id:pentasan3:20170421234622j:image

 

f:id:pentasan3:20170421234629j:image

 

f:id:pentasan3:20170421234636j:image

 

f:id:pentasan3:20170421234647j:image

 

f:id:pentasan3:20170421234654j:image

 

my favorite

f:id:pentasan3:20170421234641j:image

 

 

 

 

 

 

 

さて前置きはこのくらいにして

 

 

何か物申そうと思ったのですが何も思いつきませんでした

僕が言いたかったことはあの140字に込められているようですね

 

別に今のポケモン環境にあーだこーだいう気はないですが、ひとつ気になったこと

 

 

みなさんが、強い人から教わることを推奨していますね

それは効率的だし、良いことだと思います

 

しかし、教える側にそんな義理はありません

教えなければいけないわけではありません

そこは教える側も教わる側も勘違いしてはいけません

 

逆に教わる側は、最低限の知識と礼儀、そしてやる気が必要だと思います

教わる側がやる気がなかったら失礼極まりありません

当然、時間がないとか忙しいは言い訳になりません

 僕はリアルの友人にたまにポケモンについて聞かれたりするのですが、

向こうは全くポケモンをやっていなかったりやる気がなかったり、最低限の環境も知らなかったりで、

正直話にならないって思う時もあります

教わる側には、知識とやる気がないとダメです

 

 

 

誰に教わろうとかどうやって人脈作ろうとかそれにかける労力とか、教わる側の人はこんないろんなこと考えたりする暇あれば、とりあえずレート潜って対戦数を稼げって正直思いますけどね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年冬アニメ雑記

個人的今期アニメランキング

 

 

 

 


S+

 


うらら迷路帖

 

今期アニメで個人的一番
キャラの可愛さはもちろんだが、ほのぼのでありつつもストーリーがうまく機能していた
後半になるにつれどんどん面白くなっていった
序盤のお腹出しが苦手な人はいるが、そこで切ってしまった人はもったいない
百合要素も申し分なく、素晴らしいに尽きる

f:id:pentasan3:20170409135153p:plain

この2人が至高

 

 

幼女戦記

 

設定が独特だったが、ストーリーの展開、戦闘シーン、日常パート、すべて良い
デグレチャフが本当にいいキャラをしている 声優も🙆‍♂️
参謀のおっちゃん3人がすごく好きだった
終わり方が中途半端すぎるので是非とも続編やってほしい


S

 


ガヴリールドロップアウト

 

序盤では圧倒的一位だったが、中盤以降も安定した面白さを誇りつつも盛り上がりには欠けた
日常アニメである以上仕方がないといえばないのだが、それでもアニメである以上盛り上がりが物足らないのはよろしくない
とはいえもちろん面白かったし笑ったし、相対評価だからSなだけで自分の中で評価が下がったわけではない
SとS+の間くらい

 


Rewrite

 

key枠
原作やってる勢じゃないと話が掴めないと聞いていたが、やっていないのでやはりよくわからなかった
しかし傭兵になったときの話とか、終盤の話の展開とかはマジで面白かった
原作やってなくていまいち理解できてなくてもこの評価
とりあえず今は原作やりてえ

 

 

A+

 


亜人ちゃんは語りたい

 

今期は全体的に後半から評価を上げたのが多いが、特にこれは顕著
序盤は先生と亜人たちのふれあいでほのぼのとした感じだったが、
徐々に亜人達や先生の葛藤が描かれていった
特に11話のビデオレターの回に関しては、素晴らしく、泣きそうになってしまった
主にあの話を評価してのA+
ただ、あれ最終話でやってほしかったなあって

 


小林さん家のメイドラゴン

 

これまた後半に評価を上げた
序盤は面白くないわけではないが、カンナ可愛いくらいで
見どころが少なかったように感じる
しかし徐々にドラゴンが増えてきてかなり面白くなった
ケツァルコアトルさんやファフニールさんが登場してきて、
彼らが人間界と共存する姿、特にファフニールが小林さんの同僚(名前忘れた)と同居して、徐々に打ち解けていく様子には良いものがあった
最終話では小林さんとトールの絆が描かれていた
小林さんとトール父親の会話、そしてトールの小林さんへの想いなど、
素晴らしいとしか言いようがない

 


A

 

 

クズの本懐

 

えっちなだけだし、ドロドロの割には割と丸く収まったなあって感じ
それぞれのキャラの成長が描かれてはいたが、主人公が終盤完全に空気になっていたのはよろしくない

 


この素晴らしい世界に祝福を!

 

笑えるし面白い
面白いんだけど、それ以外の感情がない
感想にすごく困る
めぐみん可愛い

 


B

 

 

政宗くんのリベンジ

 

主人公が好きじゃなかった
終盤の展開は良かったとは思うが、あいつは何しにきたのか
キャラ、特に師匠が可愛いから見てた

 

 

セイレンは切った

 

 


以上
全体的にレベルが高かったが、飛び抜けて面白いのはなかった印象

 

 

 

 

 


続いて主題歌編

 

 

3位 夢路らびりんす
うらら迷路帖OP

 可愛い

「どーっちをーえーらんでもー」が神

 


2位 嘘の火花
クズの本懐OP

テンポが非常に良い
歌詞も内容に沿ってて良かった
EDも好きだった

 

 

1位 青空のラプソディ

小林さん家のメイドラゴンOP

fhanaの歌の安定感が半端じゃない

男声が入るのは好ましくない場合と良い場合があるが、
この曲でいえば良かったと思う

 

 

 

 

fhana強いなあ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S++

 

One Room

 

短編アニメだが、萌え要素でいえば他のアニメの比ではない

短編なので全て見るのに1時間かからないので、見てない場合はぜひ見て欲しい

f:id:pentasan3:20170409135437p:plain

カントクは神

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生に影響を及ぼしたアニメランキング TOP5

はいどうも

これまでまあ結構な数のアニメを見てきた(つもり)ですが、

その中でも特に「影響を受けた」アニメを書いていきます

何故なら書きたくなったからです

あと、ただの自分語り記事なのでそこはご了承ください

影響を及ぼしただけで、別に面白いランキングではないです

では早速本編へ入って行こうと思います

 

 

 

 

 

 

 

 


5位 とある魔術の禁書目録

 

f:id:pentasan3:20170401213000j:plain

 

5位は禁書です
このアニメが僕に与えた影響は、
「異能バトルものを好きにさせた」ことです

 

園都市、科学と魔術の対立、幻想殺しといった、異能of異能アニメですが、
僕はこの作品の世界観が大好きです
キャラが立っているし、ストーリーはややこしいですが、考察も果てしなくて面白い
原作が長ったらしいことでも有名な作品ですが、僕は原作を全て揃えて読みました
(無印で22巻+SS2巻、新訳で17巻、計41巻)
そのくらいハマったと思います
見ていないなら、是非とも見て欲しいですね

 

3期はよやれ

 

 

 

 

 

 

 

4位 僕は友達が少ない

 

 

f:id:pentasan3:20170401213052j:plain

 

4位ははがないです
割と意外じゃないですか?
僕がはがないについて語ることなんてないですからね
しかし、このアニメが僕に与えた影響はとても大きいです
それは「僕のアニメに対する偏見を取り払った」作品だからです
正式には深夜アニメですね

つまり、初めて見た深夜アニメだったわけです

 

小学校のころクラスではがないが流行っていましましたが、露出が多かったり露骨に女しかいなかったり、気持ち悪くて見ませんでした
小学校を卒業すると、春休みが暇だったので、興味本位ではがないを見ました
当時はどハマりして、「深夜アニメって結構面白いんだなあ」と思い、
僕の深夜アニメに対する偏見はなくなりました
しかしまあそれから一年以上深夜アニメを見ることはなかったです
どうでもいい自分語りが入りましたが、この作品が面白いかどうかは置いといて、偏見を取り払ったという影響はとても大きいと思います

 

ちなみに今面白いか考えると、「微妙」ですね

 

 

 

 

 

 

 

3位 きんいろモザイク

 

 

f:id:pentasan3:20170401213112j:plain

 

3位はきんモザです
これはそう、「僕が百合が好きになったきっかけ」の作品です

 

日常系アニメで初めて見たアニメはごちうさです
ごちうさが結構良かったので、別のこういう系のアニメも見てみようと思って、ペリカンが当時よく名前を出していたきんモザを見てみようと思いました
きんモザあややと陽子の関係が素晴らしいと感じざるを得ませんでした
それに、単純にほのぼのしていてすごく癒されました
ごちうさよりも圧倒的に素晴らしいですね
個人的に、未だにこれを超える日常系アニメはないです

 

 

 

 

 

 


2位 ToLOVEるシリーズ

 

 

f:id:pentasan3:20170401213135j:plain


2位はToLOVEるです
これが僕に与えた影響は、「結城美柑という存在」じゃないでしょうか

 

実は中学生のころは3DSYouTubeでアニメを見ていたので、見れるアニメは限られていました(スマホとか持ってなかった)
そこで偶然見つけたアニメの一つが「ToLOVEる」です
暇だったので見ていただけですが、
「あれ?この妹クソ可愛くない?」となりました
そう、結城美柑ちゃんです
めちゃくちゃ可愛いですね
美柑の可愛さについて語ると終わらないのでもうやめときますが、
マジで可愛いです
そんな感じで、「結城美柑」という存在が僕に与えた影響は果てしないです
多分妹キャラを好きになった大きな理由だと思います
原作も買いたいですが、置き場所がないので買えないですね

 

ちなみに僕はアニメだと、モモが毎晩リトのベッドで寝てるからそれを見張るために美柑がリトのベッドに潜り込んでそのまま寝ちゃう話が好きです

 

 

 

 

 

 

 

1位 さくら荘のペットな彼女

 

 

f:id:pentasan3:20170401213709j:plain

 

1位はさくら荘です
全ての元凶です
題名こそアレですが、内容に関しては素晴らしいの一言です
これこそが真の「神アニメ」であると確信します
このアニメは、「僕がアニメにハマったきっかけ」の作品です

 

これもToLOVEると同じように、YouTubeで偶然見つけたアニメです
しかも、それまでYouTubeでアニメ漁りなんてしてなくて、ほんと偶然なんかあったので、タイトルが変わってるなーって思ってパッと開いただけでした
1話で引き込まれて、そのまま一夜漬けで全て見てしまいました
卒業式の話では、人生で初めて「感動して号泣」しました
見たことのある人ならわかると思いますが、あそこは涙が止まりませんよね
鳥肌が止まらなくて、「アニメってこんなに凄いものなんだ」と思いました
それ以降、アニメを少しずつ見るようになりました

 

アニメの続きが気になったので、当然原作も全て揃えました
もちろん初めてラノベを買いました
表紙がアレなのでとても恥ずかしかったですね
そういう経験も含め、きっかけは全てこのアニメです
このアニメが僕に与えた影響は果てしないです
僕がこれまで見たアニメの中では一番好きです

 

EDのDays Of Dash はガチの名曲

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まあこんな感じです
ただの自分語りです
さくら荘に関しては、題名がアレなので避けられることが多いのですが、本当に面白いので見て欲しいと思います
他のラノベ作品よりはすこし知名度も控えめですしね

 

 


ではでは

 

背伸びオフオフレポ雑記

初遠征のオフレポ
背伸びオフに行ってきました
背伸び前日から
ひたすらあったことを語るだけです
敬称が「さん」なのもちがうなーと思ったので「氏」になってます
気持ち悪いけど勘弁してください

 

 



大阪に住んでいる僕にとって、背伸びオフは初めての遠征となる
新幹線は経済的に厳しいかなあと思っていたのでバスで行くことにするが、取るのが遅すぎて夜行バスはすでに売り切れ
やむなく前日入りすることにするが、そこで大阪のフォロワーであるどらご氏も前日入りすると聞いていたので一緒に行くことに



さてそんなこんなでヨドバシの前に待ち合わせ、となるが、ヨドバシの入り口が多すぎてまず合流できない
10分ほどしてなんとか合流して、11:30発の名古屋行きのバスに乗る
バスの中では、背伸びに誰が来るかとか、お互いのパーティを一部晒し合ったりだとか(頭悪い)、名古屋には何があるだとか、そんなことを話していた気がする あとは寝ていた
途中の休憩がクソ長かった

 

名古屋に着いたのは14:30くらい 時間があるのでどこに行くか?となったが、お互い無計画すぎるのと、マジで駅周辺になにもないので、
「愛知の日本橋的なところ行きますか〜」
となる(オタク)
メロブ名古屋店で検索
するとなんとラッキーなことに名古屋駅のすぐそこだと判明
すぐに向かう ついでにとらのあなも近くだった


メロブに入った 初めて入るので、すこしドキドキしていた
入り口付近は、普通の漫画とか、ラノベとかが売ってる感じ
一緒にいたどらご氏は店に入るなりさっそくなんかの抱き枕カバーが当たるやつに応募するために結構分厚い本を買っていた
奥の方に行くと薄い本が大量に置いてあったが、特に欲しいものはなかった
強いて言えば、もうすでに今期アニメの薄い本が並べられていて、仕事が早いなあって感じた
一番興味深かった(というか笑った)のは、「君はひとりエッチが得意なフレンズなんだね!」って本(そんな感じのはず)

 



メロブはどうやらふたつの建物に分かれているらしく、もう片方の建物にも入る
ビル風が強かった
そっちのほうは本より、エロゲやCDが主だった
僕はエアプだがどらご氏はかなりのゲーマーである
〇〇は〇〇なんですよー!とか、これ僕も知ってます!とか、千恋万花ありますねえ!とか、千桃やりてーとか、そんな会話をしていた
僕はエアプです、お間違いなく

 


続いてとなりのとらのあなに入る
結構入り口が立派だった
かなりの階数があって、7か8くらいまであった気がする
下の方は普通の漫画やラノベが売ってて、上に行くにつれ薄い本やRが付いてくる
下の階では、今期は〇〇が強いとか、〇〇は微妙だとか、そんな話
OneRoomは視聴を推奨します
時間もあるので下から順に回っていたが、途中に女性向けの階が2つほど存在
ノーコメントでスルーが安定行動
やがて、薄い本コーナーに入る
僕はピュアなので目のやり場に困っていたが、一応みてはいた
すると、この前ネットで見て続編が大変気になっていたシリーズが全巻売っているではないか!
即決で購入した
ちなみに題名は、
「私の、お兄ちゃん」

 


その階は最上階のひとつしたなので、最上階に行く
最上階も薄い本コーナー
すると、僕が欲しかったもうひとつの本も発見
これまた即決で購入
40010試作型の最新刊だった、美柑は可愛いなあ

 

思わぬ散財だった(4000円くらいぶっ飛んだ)

 


とらのあなを出たのが16時半くらい
まだ時間があるが、行く場所も特にない
そこでポケ勢らしくポケセンに行くことに
名古屋から電車で10分くらいの場所にある
比較的マシとはいえ、名古屋駅にないのがクソ
大阪を見習え

 

ポケセンに着いて、特に何をすることもが、商品をパーっと見てまわるだけも割と時間は潰せた
このカップ可愛い!とか、これは実用的だとか、ポケカがうんたんだとか
マスターボールのクッションがとてもふわふわで、素直に欲しかった
僕は可愛いポケモン柄のクルトガのシャーペンを買い、ついでにその日から配信の始まった色違いカプ・コケコのシリアルコードも入手していく無駄のない立ち回り

 

 

名古屋駅に戻ってきたのが18時過ぎくらいだったので晩ご飯を食べる
名古屋駅の地下にESCAというグルメ街的なのがあったのでそこで食べることにするが、どこも結構混んでいた
そこで比較的空いていた「あんかけスパゲティ」専門店なる謎の店に入った
後から聞いたのだが、あんかけスパゲティは愛知ではメジャーらしい
大阪の民である僕は聞いたこともないのだが、他の場所はどうなんやろか
そこであんかけスパゲティに、愛知っぽい味噌カツをぶち込んだ完全カオスなものを注文
愛知に来たので味噌カツを食べたいとは思ってたが、こんな形で食べることになるとは
ちなみにこんなん 一見意味不明である

f:id:pentasan3:20170327000627j:plain

僕はすべて食べるのに10分くらいはかかったのだが、お腹が減ってたらしいどらご氏は5分ほどで完食していた
普通に美味しかったです

 


19時過ぎくらいに出た
僕は豊橋あたりに住んでいるあげは氏の家に泊めてもらう予定だったので、待ち合わせ時間である20:30に間に合うために名古屋で解散
名古屋から豊橋が想像以上に遠かった すぐに県境があるらしい
愛知の地理事情なんて知らない
「私の、お兄ちゃん」は諸事情で一緒にどらご氏に買ってもらったのだが、受け取るタイミングを失ったため、次の日の背伸びの時に受け取ることにして、一旦預けた

 

名古屋で解散して、どの電車に乗ればいいか探していたら、乗らなければならない快速が出発した直後だった
しかも30分に一本だった
萎えつつ、待ち合わせには遅刻確定なので連絡を入れ待つことにした
やがて快速が来て乗り、エロゲソングを聴きながら車内で爆睡した
起きたころには終点の豊橋で、寝ぼけて終点なのに何駅かわからなかった
起きた時「メリーゴーランドをぶっ壊せ」が流れていた

 

さて、豊橋からちょいと進んで待ち合わせ場所に行く
お迎えがきて家にお邪魔する
思った以上にラノベと漫画が置いてあって意外だった
暖房が付けっ放しだった あたたかい
部屋に入って、明日のこととかをいろいろ話していた
あげは氏はなんとパーティができていないどころか育成も終わっていなかった
ていうかバンクも買っていなかった
僕はとりあえず育成したミミッキュを貸した ちなみにまだ返って来ていない
そうして、ポケ勢らしいことやそれ以外のこともいろいろお話しして、1時前くらいに寝た
あげは氏は厳選していた

 

 

 


起きた
6:30くらいにタイマーをセットしていたが暖房が切れてクソ寒かったのでその前に起きてしまった
寒すぎて部屋の中なのに手袋とマフラーしてた
時間になったのでぐっすりのあげは氏を起こし、暖房をつけて直に浴びていた
少しして家を出て駅に向かう

 

豊橋についたら駅内のコンビニで朝食を購入
少し迷って「味噌カツサンド」に決定
はやくも2度目の味噌カツで、お昼に味噌カツを食べるのはやめようと思った
はやめに行っていたので時間に余裕があり、名古屋でも迷うことなくすんなりクリアし、バスが出ている新端橋(?)とかいう駅に到着
バスのターミナルについたらどのバスにのればいいか分からなかったが、それっぽい連中がやたらと乗っているバスがあったので、どうせこのオタクの集団やろWみたいなノリでバスに乗った
前についていけばなんとかなるやろ精神 なんとも沼
バスの中ではあげは氏と、バスをスケジュール通りに動かす難しさについて語っていた

 

ついた 会場がどこかわからない
ここでも前についていけばなんとかなるやろ精神で乗り切ろうと思ったが、周りもわかっていなくて割と焦っていた
が、まあなんとかなって着いた 割と近かった

 

会場に入った
まずは参加費を支払い、名札とブロック分けをした
マッシブーンブロックだった
名札がめちゃくちゃクオリティが高くて可愛い

 

適当に席についてやることもなかったが、FFのパラリー氏を発見
暇だったので話に行った クチートを使うらしい
そうやって時間を潰しているとやがていろんな人がやってきていた
FFの人たちも結構きていた
特筆することはないが、くもるんとめいとるんに会った
くもるんはマスク補正あるかもしれないがなかなかのイケメンで、これがいつも通話でいじられてるやつかあとか思っていた
会った時でも通話と同様敬語だった まあ僕もだが
くもるんと話して僕がどっか行ってもう一回戻ってきたら、眼鏡かけた知らんやつにいきなり「オタクやん!!」って言われてなんやねんこいつってなった
でもまあこんな沼はめいとるんだろうなとか思って頑張って名札を見ようとしていた
案の定めいとるんと書いていた なんやねんこいつ

 

 

予選が始まった
FFの方は、東西南北さんとkouheyさんがいた
結果は午前3-0の好発進
パーティがなさすぎてレート用のパーティで参加していて、沼だなあとか思っていたが、勝てたのでまあよき

 

お昼になった
各ブロックの様子を見回っていたら、よくツイッターでお話している常陸茉子さんが圧巻の全勝をしていて、挨拶しに行き、握手をした
が、どうやら対戦中だった 申し訳なかった…

 

ご飯に行く
あげは氏、くもるん、めいとるんの4人で食べることにする
ガストがあったのでそこにしようと思ったが割と混んでいたので、信号を渡ってポケ勢大好きラーメン屋に入った
あまり待つことなく座れた
これを食べた 名前忘れた 実に美味しかった

f:id:pentasan3:20170327000711j:plain

やっぱラーメンやなあ
あと、くもるんは同い年だとなぜか思い込んでいたが、ふたつ上だったらしい

 

 

午後が始まった
初戦で、パーティで切ってるポケモンを引いて負けてやばいと思ったが、
あとの2つをなんとか勝って5-1
3-3が4人も発生した激戦ブロックだったが1位抜けできてよかった
決勝トナメが始まるまで結構な時間があったので、予選が始まるまでに挨拶できなかったいろんなFFに挨拶したり、いろいろお話していた

 

しばらくしたら決勝トナメ
初戦はうまくトリル展開がはまって勝ち
2戦目はうまいラスカノDダウンを引いて運勝ち
3戦目(準々決勝)は後出しグロスを凍らせるズルをする運勝ち
準決勝では催眠をかわして、その次最速起きするズル
運だけマンしてたら決勝に来てしまった
決勝でも催眠を打たれて「流行ってんのかよ…」って思っていた
が、プレミをして負けた ほーんま運だけ雑魚

 

 

準優勝はもちろん嬉しいが、決勝はプレミしなければ勝てた可能性も高かったためにとても悔しい
自分の弱さを痛感したが、これは自分はまだまだ雑魚だということでもあるので、ポジティブに捉えてこれからも頑張って行きたい
とはいうものの悔しいので、終わったあと「サイキネやったなあ」って30分くらい言い続けていた
一緒にいてくれたメンバーには申し訳ない
景品としてピカチュウの等身大ぬいぐるみを貰った
大きすぎてカバンに入らなくてすごく邪魔だったが、可愛かったしふわふわだった
余談だが、ぬいぐるみがかさばるので持って帰ったら怒られそうだと思っていたが、母親に強奪されて抱き枕と化している ある意味良かった

 

 

後片付けを手伝って会場を出る
たしか19時くらい
僕、あげは氏、パラリー氏、NACK氏、めいとるん、ぬまうお氏、ソラマメ氏、どらご氏の8人で行動する
バスでさっきの駅まで行こうと思ったが、バスが発車した直後で20分くらい待たなければならなかったので、パラリー氏が「原駅まで歩きましょう」と提案(ルート2ってやつ)
行きはバス代をケチるために歩いて来たらしい
ケチるところそこ?って思っていた
そこから地下鉄に乗って名古屋駅に向かう
道中では主に決勝について話したり、シーズン2のこととか、今日はどうだったとかそんな話
サイキネやったなあって20回は言っていた

 

 

名古屋駅に着いた
帰りは新幹線なので時間に余裕があったため、駅で夜ご飯を食べることに
どこも混んでいたので、昨晩食べたESCAとかいう場所で食べる
ここも混んでいたが、ラッキーなことにきしめん屋が少し空いていた
しかも座敷が8人分空いていた
そこに決める
僕はてんぷらきしめんを食べた 美味しい

f:id:pentasan3:20170327000740j:plain

電車の都合でめいとるんが先に抜け、次にぬまうお氏が抜けた
店から出た時は6人で、2人減っただけなのにすごく減ったように感じた
愛知住みのあげは氏とは名駅で別れ、5人で新幹線に乗り、それぞれ京都駅、新大阪駅で降りた
そして新大阪駅解散

 

 

 

 

 

 

 

 

 


以上です
生産性一切ないですね

遅くなりましたが、背伸びオフで絡んでくれた方々、対戦してくれた方々、運営の方々、本当にありがとうございました
すごく楽しかったです
経済的な余裕ができたらまた行きたいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P.S.

 

 

「私の、お兄ちゃん」全4巻読み終えたので感想

 

本作は俗にいう逆NTRで、しかも妹が兄をNTRというとても個性的な作品だった

1、2巻は素晴らしかったが、終盤からはどんどんやばくなり(まあはじめからすでにやばかったけど)、終わり方もハッピーエンドと言えるかもだが、やはり胸糞悪かった

妹モノだろうが、NTRはすこれないということが、本作を通じて学ぶことができた

 

f:id:pentasan3:20170327001143j:plain

 

まあ素晴らしい作品だったことは間違いないですけどね

 

 

 

 

 

好きな声優

 

 

好きな声優

 

1位 花澤香菜(ざーさん)

f:id:pentasan3:20170226210222j:image

 

神、天使、女神

声が最高に可愛い

声優ラジオでも圧倒的に耳が幸せ

美柑の声優なのもポイント高いです(´ー`*)

ちなみにサブロムのTN

 

 

交際報道見ました

ドルオタが発狂する気持ちが少しわかりました(。•́︿•̀。)

 

 

 

 

2位 井口裕香

 

声がクセになる

インデックスすこ

 

ずっと「いぐちゆうか」だと思ってました

 

 

 

3位 悠木碧

 

声がすごく好き

悠木碧のキャラは無条件に好きになる気がする…

 

幼女戦記見ましょう(๑>ω•́ )۶

 

 

 

 

 

 

つまりざーさんと井口がメインヒロインのろうきゅーぶ!は神

以上

 

 

 

 

 

 

テストやべーよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログ名変更

 

※超どうでもいい内容です

 

 

 

ブログ名を、「とあるにわかのパーティメモ」から、

「百合に寄り添う蓮華の作法」に変更しました

 

にわか(6世代新参)という言葉が若干相応しくないかなと感じたのと、

漢字を使った名前にしたかったからです(主に後者)

 

「百合に寄り添う蓮華の作法」という名前は、

「月に寄り添う乙女の作法」の音に被せつつ、

僕な好きな「百合」と「妹」要素を加えたものです

我ながら完成度になかなか満足しています

 

ちなみに何故「蓮華」が「妹」かというと、次のような神話があるらしいです

 

f:id:pentasan3:20170222204115j:image

 

 若干ごり押し気味ではある

 

 

まあそんなこんなでこれからもよろしくお願いします

 

f:id:pentasan3:20170222204356j:image