百合に寄り添う蓮華の作法

百合と妹って、黒鮪と松坂牛みたいじゃない?

禁書3期4〜6話(原作15巻)概要

タイトルの通り、アニメ禁書3期の暗部編の補足(というか解説)記事です
原作でいうところの15巻ですね
アニメを見ていて、あまりの展開の早さに理解できてない人も多いだろうと思ったので、自分の思考の整理も含めて書くことにしました
この記事である程度把握してこれからに備えてもらえれば幸いです
主にアニメしか見てない人を対象にしていますが、原作を読んでいても忘れてることもあると思うのでそんなことあったなあくらいには思ってもらえると思います
また、1期2期の内容だけどややこしくて把握できてない、ということもあるので、その辺の話も入れていければと思います
あと、細かいところで勘違いしてるかもなので、その場合はすみません

 


3期の6話までを見ていることを前提としているので、まだの人はアニメを見てから本記事を読んでください
では

 

 

 


まずですが、この話は学園都市に存在する「暗部」と呼ばれる複数の集団の闘争劇です
暗部とは、簡単に言えば学園都市の汚れ仕事を担当する組織です
2期終盤に出てきた木原数多率いる「猟犬部隊」もそのひとつで、学園都市の上から命令を受けて動いているというわけです
なんでこんなことをしているのかというとそれは人それぞれなのですが、学園都市に弱みを握られてるといったところです(全員がそうなのかは不明)

 

そしてこの闘争は、「スクール」と呼ばれる暗部が反乱を起こしたことから始まります
まもなく「ブロック」も反乱を起こします
そして、彼らの反乱を鎮圧するように上から命令されたのが、「グループ」「アイテム」「メンバー」という3つの暗部組織なのですが、彼らも仲間というわけではなく、各々で動いています
ここで簡単に勢力を確認しておきます
簡単な写真

f:id:pentasan3:20181117013658j:image
「グループ」
・一方通行 ・土御門元春 ・結標淡希 ・海原光貴(エツァリ)
「スクール」
・垣根帝督 ・心理定規 ・砂皿緻密 ・ゴーグルの少年
「アイテム」
・麦野沈利 ・滝壺理后 ・絹旗最愛 ・フレンダ (浜面仕上)
「メンバー」
・博士 ・査楽(死角移動) ・馬場芳朗(モニターの男) ・ショチトル
「ブロック」
・佐久辰彦(リーダー) ・手塩恵未 ・山手(海原が乗り移ったやつ)


ちなみに浜面はアイテムの下っ端なので正規メンバーではないです
心理定規は本名ではないですけど、金髪のあの可愛い子です
本当はブロックにはもう1人いるんですが、アニメには出てこなかったのでカット
エツァリはここでは海原と表記します

 


ではいよいよ本編です
さきほども触れましたが、事の発端はスクールが反乱を起こした事です
彼らはアレイスター(統括理事長、カプセルの中に逆さまで浮いてるやつ)との直接交渉権を欲していました
その目的は不明ですが、親船最中を暗殺しようとしたのもその目的の一貫です
そして「ピンセット」と呼ばれる装置を盗み、「滞空回線」(アンダーライン)というものを解析し、交渉に足るような情報を得ることを目的としていました
滞空回線とは、簡単に言えばアレイスターが空気中にばらまいてる超ちっちゃい監視カメラみたいなもんです
そこで依頼を受けたアイテムは、親船最中暗殺を防ぐためにスクールのスナイパーを殺します
スナイパーを失ったスクールは「人材派遣」(マネジメント)を用いて新たに「砂皿緻密」をスナイパーとして雇います(ここまでが時系列でいえば4話に入るまでの話)
4話の冒頭で人材派遣が土御門に襲われたのはそのためで、彼は護送中にゴーグルの少年(関係ないけどレベル4らしい)に殺されます
その後海原は人材派遣のアジドにいき、人材派遣が誰に誰を紹介したのかを探ろうとします
この時同じく「ブロック」がやってきて、海原はブロックの一員である「山手」を殺して魔術で変装することで難を逃れつつ、グループに手がかり(一万円札)を残すことに成功します

 

やがてグループはピンセットを盗むために研究所に強襲、そこでアイテムと戦闘になります
アイテムはゴーグルの少年を殺害しますが、ピンセットはスクールに奪われます
さらにフレンダと絹旗が逃げそびれ、麦野、滝壺とバラバラになります
この時アイテムは垣根を追いますが、心理定規の妨害を受けます
浜面はさらに追撃を受けますが、建物から飛び降りてなんとか逃走します

 

一方、ブロックも反乱を起こそうとしていました
簡単にいうと、「0930事件」(前方のヴェントが攻めてきたやつ)でこの街を見限った感じです
ブロックは、コンピューターウイルスを学園都市にばらまいてインフラ麻痺を起こしたり、衛生管理センターをクラッキングして「ひこぼし2号」という人工衛星を奪い宇宙から地上に攻撃することを目的としており、それを防ぐためにグループが動きます
一方通行は地上のアンテナに向かい、その時「メンバー」の査楽に襲われるのですが難なく撃破
無事アンテナを破壊しブロックの企みを防ぐことに成功した、ように思われるのですが、ブロックの真の目的はアンテナを破壊することで学園都市の防衛機能を低下させ、そこから外部の5000人の傭兵を突入させることでした
山手に化けていた海原はそのことに気づき、傭兵の突入に合わせて(?)魔術でビルを破壊して、呼び寄せた「六枚羽」とよばれるやばいヘリで傭兵を100人程度までに抑えることに成功します
その時捉えた捕虜の1人の発言から、ブロックの目的が結標であることがわかります
彼らの真の目的は、少年院の囚人達を交渉材料に窓のないビルの案内人である結標からビルの情報を聞き出し(少年院には「残骸」事件で捕まった結標の仲間たちが収容されている)、内部からアレイスターを殺そうとしていました
その後グループはブロックを追って施設に行きますが、そこで海原の前の組織の仲間である「ショチトル」が襲ってきます
彼女の目的は組織を裏切った海原の粛清です(海原(エツァリ)はもともと上条勢力を内部から分断するために派遣されたが、その過程で海原が御坂美琴を好きになってしまったため乗り気ではなく、上条に敗北してからは御坂たちを影から助けるようになる)
海原は苦戦しつつもなんとかショチトルを退けますが、原典を使った肉体改造を受けていた彼女は、肉体が限界を迎え崩壊し始めます
そこで海原は彼女を助けるために原典を引き継ぎ、命を助けることに成功します
その時少年院に入っていった結標と土御門は、爆弾を仕掛けたブロックの佐久と手塩に遭遇します
佐久は人質を使って脅しますが、そのやり方が気にくわない手塩は佐久を気絶させます
そして力づくで結標から情報を聞き出そうとしますが、なんとか結標が退けます

 

次はスクールとアイテムに焦点を当てます
すこし時間を戻します
一方通行が査楽に襲われたとき、垣根は「メンバー」の「博士」から襲撃をうけますが、難なく退けます
垣根はアイテムには用はないのですが、しつこいので邪魔でした
そこでさっきの戦闘で捕まっていたフレンダからアイテムの秘密基地を聞き出し、反撃に出ます
スクールから襲撃を受けたアイテムは、まず麦野が垣根から逃げます
絹旗はスナイパーである砂皿緻密を退けますが、その後やってきた垣根に攻撃を受け戦闘不能になります
垣根の本来の目的は「AIMストーカー」(一度捕捉した能力者の位置を永遠に把握できる能力)を持つ滝壺の処分でしたが、滝壺の身体が体晶により限界を迎えていることに気づいたため手は下しませんでした
やられっぱなしの麦野は滝壺を使って垣根に追撃を仕掛けようとしますが、滝壺の身体が限界だと知った浜面は麦野に反発します
ちなみにこの会話の時、情報を漏らしたフレンダが麦野に粛清されて殺されます
その後麦野は滝壺を回収しにやってきますが、浜面が体晶を持ち去ったためキレて、浜面を追います
浜面は逃げようとしますが逃げきれず戦い、最終的には麦野の油断を突いて倒します

 

一方スクールの垣根はピンセットを用いて滞空回線の解析に成功していました
しかしそれだけではアレイスターとの交渉権を手に入れられないと考え、やはり第1位を殺さないといけないという結論に至り、打ち止めを人質に使おうとします
打ち止めと偶然一緒にいて、打ち止めを庇おうとした初春を殺そうとした時一方通行が干渉し、第1位VS第2位が始まります
垣根は未元物質で一方通行の反射を破ることに成功しますが、その未元物質の公式を解析され、それ込みで反射を再定義したため、結果は一方通行の圧勝に終わります
一方通行がとどめを刺そうとした時黄泉川が現れ止めようとしますが、その時垣根が黄泉川を刺したため一方通行が暴走し、垣根をぐちゃぐちゃにします
この暴走は最終的に打ち止めによって止められます
こうして暗部の抗争は幕を閉じることとなります

 

スクールに勝ったグループは、ピンセットによって滞空回線のデータを得ます
そこには、グループやスクールなどの組織の情報とともに、「ドラゴン」という謎のワードがありました
はたしてドラゴンとは何なのか

 

 

 

 

以上が3期の4〜6話、原作の15巻の内容です(内容というより完全に細かいあらすじを書き並べただけ)
この話のメインである、「浜面VS麦野」と「一方通行VS垣根」がアニメではあまりにもあっけなかったのが残念でなりませんでした
一方通行の空気操作のエフェクトが黒い翼と同じにしか見えないし、両方とももうちょっと作画とか迫力とか頑張って欲しかった
原作だと両方ともめちゃくちゃ熱いんですよ…

 

愚痴は置いておいて
この話、他の話と比べてもだいぶややこしいです
とはいえこんなに詳しく把握する必要ももちろんないので、「浜面が麦野を倒したこと」と「グループがドラゴンの存在を知ったこと」の、この2点を把握しとけばいいと思います
また、原作では絹旗が「暗闇の五月計画」の被験者であることが明かされるのですが、この話が話の大筋に絡んでくるのは新約以降なので、カットされたのでしょう
気になる人は調べてください

 

以上です
この前のテッラの話やこれ以降の話もここまでごちゃごちゃはしていないのでこういう記事を書く予定はないですが、気が向いたら書くかもしれません